トップページ

[里山の山野草を守る会]のホームページにようこそ!

2008年に発足した当サークルは、2020年4月から13年目の活動が始まります。大阪のシニア自然大学校を修了したシニア世代の受け皿で、活力ある人達による地域の環境保全活動を実施しております。

活動フィールドは奈良県桜井市三谷地区にあります。山野草の里(シンボルとしての野の花亭)を中核として、約1ヘクタールのフィールドを12に区分して4つの班(月曜、火曜、木曜、金曜班)及び保全活動を中心にした土曜班で分担して活動を行います。

近鉄線桜井駅から15km離れた大和高原の中山間地、標高が400~500m の大和川源流地域が三谷です。自然が豊かで、初夏にはホタルが乱舞します。

2015年秋に、環境省によって「重要な里地里山500選」の一つに選ばれた地域であり、自生する山野草とその環境保全に努めながら、個々の山野草の生活史を調査記録し、年間を通して、自然に親しむ活動を楽しむ人達によって運営されています。

 

お知らせ

 

 1.2020年11月20に更新しました

  (1)思い出のアルバム(新スタート) 

      活動記録などから、クラウドにアップしたアルバムをリンクさせます。

      アルバムを2020年7月4日にアップしました。

  (2)2019年4月にスタートした「植物からの贈り物」のページも2年目を迎え

     57回を11月20日にアップしました。

   (3) 全体会報告書 2020年11の全体会報告書をアップロードしました。

          新コロナウイルスの影響で3月~6月の全体会は中止となりました

   (4)三谷の植物たちのコーナーに20201105をアップロードしました

   (52020年11月18日発行のNo.161ブログをアップロードしました。        

 この活動はイオン環境財団,大阪コミュニティ財団等からの助成をうけて活動して

    います。

 3.主要種の年間観察記録(ビジュアルブック)が4年をかけて完成しました。(22種)

 

 

 

 

アクセスカウンター